概要・沿革 組織図・事務局 役員 部会 同好会

シンガポール日本人会について

シンガポール日本人会は1915年に発足しました。2015年で創立100年を迎えました。

現在の日本人会館は発案から10年の歳月をかけて完成され、会員の永年の夢が実現したものです。1998年5月23日に当時副首相であったリー・シェンロン首相を招いて落成式が挙行されました。アダム・ロードに位置する会館は総床面積7800㎡、駐車場6000㎡、4階建ての近代的な建物です。シンガポール日本人会の会館は世界中の日本人会の中にあって類を見ない施設を誇っています。

現在約5,349名の正会員(日本国籍保持者)と425名の会友(日本人以外の会員)が登録され、法人会員は755社に上ります。(2017年11月27日)

日本人会は、在留邦人に対する憩いの場、集いの場を提供するにとどまらず、日本人学校、日本人会クリニック、日本人墓地の運営・管理そして現地社会との交流といった、謂わばシンガポール在住の日本人社会が担うべき公の責務を果しています。また、チャリティ活動や文化活動を通じて日本とシンガポールとの友好と親善にも積極的に寄与しております。

そのほかにも安心して暮らせる環境整備は日本人会の任務の一つと考え、日本人の治安・安全を確保する為警察や中央病院など等、シンガポールの関係当局・期間との緊密な関係維持・強化に努めています。日本企業におかれましては、当地で活動されている企業の社会的責任の一環として日本人会にご理解賜わりますようお願い申し上げます。





copyright © The Japanese Association, Singapore all rights reserved.