南十字星最新号 前月号 ブログ よみもの 生活情報 出版書籍
* Contents available in Japanese only.

2017年6月号 オンライン版

ドクターからの手紙
・産褥期(さんじょくき) Dr Yap Ai Lin

Hello インタビュー STPI プロジェクトリーダー
・文責・写真:小林 智

Hello 同好会 卓球同好会
・文責:暖水伸健、松尾綾子 ・写真:松尾綾子、一部写真 卓球同好会より提供)

写真投稿

「今月の表紙」
第1回 サッカー大会2017
写真:日本人会運動部

「編集室より」
 桜の咲く東京からシンガポールに赴任して、早2ケ月。日本ではそろそろ入梅の頃でしょうか。
 私が赴任した4月初旬、日本は桜前線のニュースで持ちきりでした。そんな中、今年の桜前線に面白い現象が起こっていました。
 九州で桜前線が北から南下する逆転現象が起き、東京よりも鹿児島の開花が10日ほど遅れたのです。日本の桜の中心品種であるソメイヨシノは夏に花芽を形成し、晩秋から冬にかけて「休眠」という状態に入るそうですが、一定期間低温にさらされないと、この休眠から覚める「休眠打破」が起こりにくくなるそうです。地球温暖化の影響か、昨冬の気温が高かったために鹿児島や高知などでは休眠打破が遅れ、桜前線の逆転現象が起こったのだそうです。
 そんな日本から赴任して、まず最初に感じたのは、シンガポールの緑の多さでした。街を歩くとき、強烈な日差しの中でも、街路樹の下を歩いていけば、思いのほか涼しく感じられます。温暖化傾向にある日本、一層の都市緑化の推進など、常夏の国シンガポールに学ぶところも多くあると感じています。
 さて、この度、日本人会の会報誌である南十字星を編集する、広報部担当理事を拝命することとなり、その重責をひしひしと感じています。シンガポールにお住いの皆様に、折々の便りやお役立ち情報などをお届けできるよう、精一杯努力して参りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


(広報部理事 石井 智二)

 



copyright © The Japanese Association, Singapore all rights reserved.