2017年度 写真投稿年間大賞発表

おめでとうございます!

大賞

作品名:「Vibes through the fog」
撮影者:宗吉一樹様
撮影場所:Gardens By the Bay

 
自由部門賞

作品名:「THE G L O W」
撮影者:出原実紀様
撮影場所:Lindau, Germany

 
シンガポール魅力部門賞

作品名:「中年っぽい少年達 (ウェットマーケット編)」
撮影者:丸山幸子様
撮影場所:ファーラーロード ホーカーセンター

 

2018年度 写真投稿ご案内

2018年も本年度同様に写真を募集いたします。

たくさんのご応募をお待ちしております。

クリック>>2018年南十字星写真投稿規程

【投稿締め切り】Cut-off date for application
3月号→1月31日
4月号→2月28日
5月号→4月4日
6月号→5月2日
7月号→5月31日
8月号→7月4日
9月号→8月1日
10月号→8月30日
11月号→10月4日
12月号→10月31日
Mar Issue →By 31 Jan
Apr Issue →By 28 Feb
May Issue →By 4 April
Jun Issue →By 2 May
July Issue →By 31 May
Aug Issue →By 4 Jul
Sep Issue →By 1 Aug
Oct Issue →By 30 Aug
Nov Issue →By 4 Oct
Dec Issue →By 31 Oct

 


賞について
大賞:最優秀賞 1点 Canon Singapore Pte. Ltd様よりの豪華商品
部門賞:各部門1点
シンガポール魅力部門賞 1点 シンガポール日本人会商品券$100
自由部門賞 1点 シンガポール日本人会商品券$100
☆年間大賞にはCanon様より豪華賞品が贈られます!
審査について
南十字星編集委員会での審査により決定します。
入賞発表
2019年1月(予定)に、南十字星1月号、ホームページの写真投稿ページで発表します。

2018年12月号までの南十字星に掲載された作品を対象に、年間大賞を選考致します。
大賞に選ばれた方には、Canon様より豪華賞品が贈られます。

 


 

2017年2月 応募作品
シンガポール魅力部門

作品名:「奇跡の朝焼け」

撮影者:加藤太一
撮影場所:シンガポールマーライオンパーク
部門:シンガポール魅力部門
コメント:数日間毎朝早起きし朝焼けを待ち続けました。天候がちょうどよかった三日目に撮れた写真です。

作品名:「古今東西」

撮影者:大橋 啓
撮影場所:Somerset
部門:シンガポール魅力部門
コメント:魚眼レンズを使用しました。

作品名:「Glassy」

撮影者:徳沢一磨 
撮影場所:イーストコーストラグーン
部門:シンガポール魅力部門
コメント:鏡のような水面と夕日のコラボ。

作品名:「チャンギの朝焼け」

撮影者:小町彩莉  
撮影場所:チャンギ空港
部門:シンガポール魅力部門
コメント:雲のかかりがきれいなオレンジ色の朝焼けを際立たせてくれました。

作品名:「コンテナヤード」

撮影者:山野正樹   
撮影場所:Pasir Panjang
部門:シンガポール魅力部門
コメント:ビルの最上階からモノクロっぽく撮りました。

 

作品名:「Robertson Quay at Night」

撮影者:大田信吾   
撮影場所:Robertson Quay
部門:シンガポール魅力部門
コメント:川面に映るレストランや遊歩道の灯りをバランスよく構図に収めることができました。

 

作品名:「Contrast」

撮影者:宗吉一樹   
撮影場所:The Hive - NTU
部門:シンガポール魅力部門
コメント:NTUにある、The Hiveというキャンパスでの一枚。

 

作品名:「おめかしマーライオン」

撮影者:服部和彦   
撮影場所:マリーナベイ
部門:シンガポール魅力部門
コメント:普段より相当気合を入れてメークアップしていたマーさま。

 

自由部門

作品名:「Colors」

撮影者:宗吉一樹   
撮影場所:The SOHO
部門:自由部門


作品名:「玄人ダイバーと魚群」

撮影者:大橋 啓
撮影場所:Similan諸島
部門:自由部門
コメント:タイのSimilan諸島でダイビングした際の写真です。

作品名:「At the end of Santa Monica Blvd.」

撮影者:加藤太一
撮影場所:Santa Monica Pier, Los Angeles, California, USA
部門:自由部門
コメント:日が沈む瞬間。人々が楽しんでいる光景も入れました。

 

作品名:「光差すローン」

撮影者:服部和彦   
撮影場所:北海道大学構内
部門:自由部門
コメント:深緑にさす小春日和の日光のコラボ。

作品名:「思いをひとつに」

撮影者:丹羽 紳   
撮影場所:チャンギ校
部門:自由部門
コメント:ドッジボール大会、決勝リーグ進出をかけた抽選に臨む選手をみんなで送り出しました。

作品名:「遺跡とガジュマル」

撮影者:山野正樹   
撮影場所:カンボジア
部門:自由部門
コメント:遺跡と大樹のコンビネーション。