“チェロとの語らい”報告
"Himiko" Pre-event Report

文化部


イベント後の懇親会にて堤氏(前列中央)を囲んで
 去る3月27日(日)午後3時より、音楽同好会では“Himi k o : Memories of the Sun Goddess” (邦題:古代祝祭劇『太陽の記憶-卑弥呼』)のプレイベント、“チェロとの語らい”を、今年開館30周年を迎えたサントリーホール(東京)との共催にて開催致しました。当日はグッドフライデー3連休の最終日でしたが、大勢の皆様に
お越し頂きました。
 プログラムは5月13日より開催のJ50記念“SUPER JAPAN – Japanese Festival of Arts”の中の一公演、“Himiko: Memories of the Sun Goddess”にも出演・演奏される、チェリストの堤剛氏(サントリーホール館長)によるチェロの演奏(バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番から 他)、トークイベントでは“Himiko”についてご紹介と解説が行われました。終演後はロビーにて堤氏との懇親会、サントリーグループ各社よりご提供頂きましたビール、ワイン、ウイスキー、ソフトドリンク等の試飲会も行われ、参加者に喜ばれました。“Himiko” の本公演は、5月20日(金)午後7時30分よりエスプラネード・コンサートホールにて(SJ50SUPER JAPAN - Japanese Festival of Arts)行われます。皆様どうぞ足をお運び下さい。
写真提供:サントリーホール
https://www.esplanade.com/festivals-and-series/super-japanjapanese- festival-of-arts/2016

 Music Society and Suntory Hall (Tokyo) has hosted a pre-event of “Himiko: Memories of the Sun Goddess” on 27th of March.
 Despite of the last day of the long Good Friday weekend, the event was full of audience to listen to the cello concert performed by Tsuyoshi Tsutsumi, (President of Suntory Hall) and the introductory talk session of “Himiko: Memories of the Sun Goddess” which will be performed on 20th May as part of SJ50 SUPER JAPAN - Japanese Festival of Arts at Esplanade Concert Hall. After the performance and the talk session, tasting session sponsored by Suntory Group Companies was held having the audience to enjoy trying various line up of their beer, wine,whisky and soft drinks.
Photo: Suntory Hall