- 文化部 -

4月17日(土)日本人会オーディトリアムにて京都の雅楽団体音輪会による雅楽演奏会が昼の部、夜の部と2回公演にて開催されました。第1部は管弦の部、雅楽の楽曲の中で最もポピュラーな「越殿楽(えてんらく)」をはじめ4曲が奏でられ、雅な音色に包まれました。第2部は雅楽楽器紹介とデモンストレーション、古来から伝わる雅楽特有の楽器をそれぞれ音色、音域、奏法など分かりやすく解説していただきました。第3部は声明(しょうみょう)と舞楽の部、声明は日本の伝統音楽のひとつで仏典に節をつけたもので儀礼に用いられる音楽ですが、5人で発せられた声明は迫力があり荘厳な雰囲気になりました。最後の舞楽は絢爛な装束を身につけた舞人による優雅な舞が披露されました。日常では神社や結婚式場で耳にすることはできますが、1300年程前からほぼ変わることなく伝承されている雅楽の演奏、そして舞に会場はいにしえの世界に導かれ、楽しいひとときを共有しました。