7月5日(日)日本人会館オーディトリアムにて日本語スピーチコンテストが開催されました。中学の部、高校の部、高等学府の部、一般の部の4つのカテゴリー計80人の参加者から予選及び準決勝ラウンドを勝ち抜いた24人が決勝に進出しました。会場には大勢のシンガポール人や日本人が集まり、熱のこもったスピーチに聴き入っていました。テン・テンダー氏をはじめとする審査委員により、スピーチの内容、表現力、発音や文法の正確さについて厳正な審査が行われました。
 審査の間には、日本古来から伝わる獅子舞やおかめひょっとこ踊りが披露され会場を沸かせました。
 来賓の上級国務大臣(商工省/教育省担当)S.イスワラン氏は、閉会の辞でシンガポールにおける日本語習得の素地と、その成果を示す機会を提供していることに対して、主催者の業績を称賛されました。
そして、このコンテストが日本語熱を盛り上げると同時に、日本人と日本文化への深い造詣につながることを願うと述べられました。
 スピーチコンテストを支えてくださった後援者、協賛者の皆様、そして出場者に指導してくださったボランティアチューターの皆様のご協力に、主催者一同、たいへん感謝しております。心より御礼申し上げます。 

来賓と参加者(高等学府、一般の部)の皆様

中学の部優勝 Tan Weng Chenさん

高校の部優勝 Zan Ng Zhe Yanさん

高等学府の部優勝 Zheng Xiaさん

一般の部優勝 Ng Li Jie Nathalieさん
 The final round of the Japanese Speech Contest 2009 was held at the Japanese Association’s auditorium on 5 July (Sun). 24 finalists from the 4 categories - Secondary School, Junior College, Tertiary and Open categories presented their speeches before a packed auditorium full of anxious parents, teachers, friends, siblings and fellow speakers. Selected from among 80 participants through the preliminary and semi-final rounds, they were judged on originality, pronunciation, fluency, grammar, content and delivery of speech on a topic of their choice.
 The annual contest, jointly organised by Embassy of Japan, the Japanese Cultural Society Singapore, the Japanese Association Singapore, Japanese Chamber of Commerce & Industry Singapore and the Japanese University Graduates Association of Singapore, saw an extremely high standard. The panel of judges headed by Mr Teng Theng Dar was particularly impressed with the Secondary School category contestants.
 The audiences were treated to a traditional Japanese cultural performance which showcased Shishimai (Japanese lion dance) and Hyottoko and Okame (masked dances).
 In his closing speech, Guest-of-Honour, Mr S Iswaran, Senior Minister of State for Ministry of Trade and Industry and Ministry of Education commended the concerted efforts of the organisers for providing the Japanese learners in Singapore a platform to practise and showcase their language ability as well as their public speaking skills. He felt that “Singaporeans who are conversant in a foreign language can serve as an important bridge to other countries” and hopes that this contest “will spur learners to hone their language skills and lead them to a greater understanding of the Japanese people and their culture” and help toenhance Singapore-Japan relations.
 Many congratulations to the finalists! We would also like to extend our appreciation to the supporters and sponsors for their continued support. Special thanks also go to all volunteer tutors who coached the contestants.

敢闘賞 Dionne Ng Zhe Tingさん
2009年度日本語スピーチコンテスト結果
中学の部
1位 Tan Weng Chen 
あなたも、もしかして・・・キヤス?!
2位 Dionne Ng Zhe Ting 
一日一笑 笑顔、磨いていますか。
3 位 Zhang Junyu 
世界交流
高校の部
1位 Zan Ng Zhe Yan 

2位 Gu Wei Te 
桜が教えてくれたこと
3位 Chiew Ke An 
私と日本語
高等学府の部
1位 Zheng Xia 
時間泥棒
2位 Ong Rui Chin 
子供と携帯電話
3位 Chiang Ming Min 
親子の関係
一般の部
1位 Ng Li Jie Nathalie 
レディーへの道
2位 Seng Su Lin Jasmine 
恵まれたあの日
3位 Evelyn Kurniawati 
不可能を可能に
敢闘賞
Dionne Ng Zhe Ting
一日一笑 笑顔、磨いていますか。

おかめひょっとこ踊り