場所 クッキングルーム(3F)
日時 (全1回)

A:12月1日(木)   B:12月1日(木)
C:12月2日(金)   D:12月2日(金)
E:12月3日(土)

A,C,E  10:00〜12:00
B,D   12:30〜14:30

受講料 各クラス $36.00+GST
材料費 受講時支払い
定員 各クラス16名(最少6名)
持ち物 エプロン、ハンドタオル、ふきん(道具を拭くためのもの、必ずお持ちください)、持ち帰り用の袋
申込(キャンセル)
期間
11月10日(木)~各クラスの始まる7日前まで  9:00~21:00
 
<Noël 2016> Gâteau fromage fruits rouges (チーズとベリーのクリスマスケーキ) トナカイがサンタクロースとプレゼントを運んできたよ~。プレゼントの中身は甘酸っぱいミックスベリーたっぷりの爽やかなチーズのケーキ。
Spéculoos( スペキュロス) 12月6日のサン・ニコラの日に食べられるスパイスクッキー。

 


場所 クッキングルーム(3F)
受講料 各クラス $36.00+GST
材料費 受講時支払い
定員 各クラス16名(最少6名)
持ち物 エプロン、ハンドタオル、ふきん(道具を拭くためのもの、必ずお持ちください)午前、午後ともタルト(直径14cm)用の箱は配布しますが、必要な方は袋をご持参ください。
申込(キャンセル)
期間
5月10日(火)~各クラスの始まる7日前まで  9:00~21:00


爽やかなレモンのお菓子
日時 A: 6月7日 (火) 10:00~12:30
B: 6月8日 (水) 10:00~12:30
C: 6月9日 (木) 10:00~12:30
D: 6月10日(金) 10:00~12:30
※キャンセル期間が過ぎると、受講料および材料費のお支払いが発生します。

Menu
•Cake aux Citrons
(ケイク・オ・シトロン)
焼きあがったケイクにたっぷりのレモン果汁をしみこませ、グラサージュをかけて仕上がる見た目も可愛い焼き菓子です。
•Tarte aux Citrons
(タルト・オ・シトロン)
カリッとしたタルト生地と甘酸っぱいレモンクリームを組み合わせたタルト、フランスを代表するお菓子です。
•Madeleine aux Citrons
(マドレーヌ・オ・シトロン)

France北部のローレーヌ地方の銘菓、貝殻型でおなじみのマドレーヌをレモンとはちみつ風味でつくります。




フランス各地のおいしい銘菓
日時 E: 6月7日 (火) 13:30~15:30
F: 6月8日 (水) 13:30~15:30
<キャンセルとなりました>
G: 6月9日 (木) 13:30~15:30
H: 6月10日(金) 13:30~15:30
※キャンセル期間が過ぎると、受講料および材料費のお支払いが発生します。

Menu

•Dauphinois (ドフィノア)
フランスとスイスの国境にまたがるドフィネ地方の中心地グルノーブルは、クルミの名産地。グルノーブルのクルミはAOCにも指定されています。そのクルミをキャラメリゼし、さくさくのサブレで包んだお菓子です。ちなみに、スイスのエンガディナーは同じくクルミの名産地エンガディーン地方の銘菓です。
•Crémet d’Anjou (クレメ・ダンジュ) 赤い実のフルーツソース
フランスのロワール地方アンジューでつくられているデザート。昔はアンジュー地方と呼ばれていて、そこで作られているクリームのお菓子ということからクレメ・ダンジュといいます。フランス語で天使という意味のアンジュは「ange」、天使のクリームではなさそうです。